社員インタビュー

やりたいことにチャレンジできる。

鋳造技術部 鋳造技術係 係長

福地 理恵

福地 理恵

興味があって身につけたスキル。それを存分に活かせる仕事。

新規の受注品を、社内外の人たちと連携を取りながら低不良率なものにつくり上げるのが私の仕事。お客様からいただいた部品図をもとに、マツバラならではの強みを発揮しながら、付加価値のある製品に仕上げていきます。仕事ではCADを使っているのですが、入社したときは存在すら知りませんでした。入社してしばらく経った頃、CADに興味を持つようになったんです。「触ってみてもいいですか?」と聞いてみたら、チャレンジさせてもらえたんですね。以来、コツコツとスキルを磨き、今ではメインの仕事として活かすことができています。



仕事と子育てが両立できる。

「人を大切にする」マツバラだけに、社員のフォローを惜しみません。上述のCADの話に限らず、「勉強したい」「挑戦したい」「試作をつくってみたい」など、社員がチャレンジしたいことを後押ししてくれます。「やってみなよ」「失敗しても、それが経験になる」と言ってもらえるので、思い切ってチャレンジができるんです。その他、個人的な例で言うと、子どもが保育園に通っていた時期があったのですが、有休を取らせてもらったり、残業の調整をさせてもらったり等、いろいろと配慮してもらいました。仕事と子育てを両立できる環境も整っています。



自分だけではなく、チームとしての成果を。

係長に昇格してから、仕事に対する考え方に変化が生じています。以前は、CADを使って自分がやりたいこと、いわば自分の世界が心の中心に存在していました。今はメンバーを統率する立場です。自分のことだけではなく、チームでの成果を目指さなくてはなりません。指導・教育の難しさを実感していますが、そういったスキルも身につけて、部署全体を盛り上げていきたいと思います。